2010年10月10日

自分に合った道具でストレスフリーに。

今日はとても嬉しいことがあってほわほわしているsaya_tです。
嬉しいことについてはまた記事を書きますね!

今回は突然ですが、私の愛用品のご紹介です。
  • 私の愛用品と良いところ
  • その他の定番etc.
  • 結局どれが良いの?

私の愛用品と良いところ


愛用品とは、何かというと「スキャナ」です。
な〜んだ、と思われるかもしれませんが、自炊派の方々の定番品ではないので、少数派なのかなーと思います。
そのMyスキャナがこちら→コクヨのCaminacsWです。
どこが良いの?というと、その最大の特徴は「A3がスキャンできること」です。
通常の家庭用ドキュメントスキャナでは、A4までのものがほとんどだと思います。
複合機でのスキャンも、A4までが普通でしょう。

でも、A4より大きなものがスキャンしたい…ということって、結構多いのではないかなーと個人的には思います。
例えば、
  • 雑誌
  • 新聞
  • 説明書
など。。

雑誌は、A4で収まるじゃない?と思う方も多いのかもしれませんが、女性誌のサイズは実は「A4ワイド」のものが多いのです。
A4ワイドの場合、A4より47mm幅が広いので、A4スキャナではスキャンできません。
余白の部分をぎりぎりまで切ったとしても、2cmくらいははみ出してしまうのです。

次に新聞、これはA2サイズなので、A4スキャナでは4枚分スキャンして合成しないと、全面をスキャンすることはできません。
半分サイズくらいの記事の切り抜きをスキャンするとしても、2回スキャンが必要でしょう。

それから、説明書…冊子形になっているものはA4で収まるものがほとんどだと思いますが、家電の説明書は「簡単導入説明シート☆」といった大きな紙が折りたたまれている形状のものが入っていることが良くありませんか?
これも、A4スキャナで取り込むのは面倒ですよね…。

このような、A4だとちょっと不便な紙たちのスキャンが、CaminacsWがあればすっきりとできます。
A4ワイドの雑誌は、A3にならもちろん収まります。一度に両面スキャン可能です。

A2の新聞は、A3なら半分折⇒自動結合で一度で全面スキャン可能です。
半分サイズ程度の切抜きなら、A3に収まるので、結合の切れ目もなくスキャンできます。

大きな紙の説明書も、新聞と同様に一度で大体スキャンできます。

このように、スキャンできるサイズが倍になるだけで、普段スキャンしたいもののほとんどは、紙のサイズを気にすることなくスキャンできるようになります。
もちろん、名刺サイズの小さいものもスキャンできます。

さらに、A3サイズがスキャンできるのに、コンパクト!というのがさらなる魅力です。
A3がスキャンできても、サイズも倍になるのでは机にも置けませんし、邪魔なばかりです。押入れにしまうようなものでは、ぱっとスキャンしてぱっとデジタル化するには不便すぎますから。
でもCaminacsWは、とてもコンパクトで机にも置けるサイズです。A4サイズのScanSnapと比べても、一回り大きい程度です。
いつも近くに置いて、思い立ったときにすぐスキャンできる、それでこそスキャナの真価が発揮されると言えるでしょう。

一つだけ、ちょっと問題なのは、お値段が少々お高いことです。ScanSnapと比べると倍近い、といった感じでしょうか。
でも、これまで家庭用として現実的なA3スキャナが無かったことを考えると、この価格ならあり、だと思います。
20万以上するようなスキャナでは、さすがに個人では買えませんから…。

その他の定番etc.


最近はスキャンといえば自炊、な話題が多いので、スキャナも「自炊向き」なものが人気ですよね。

自炊派さんたちのスキャナの定番と言えば、なんといっても富士通 ScanSnap。
読み取りスピードや、重なり検知など、本のスキャンをするにはやはりその辺りがポイントなんだと思います。
CanonのimageFORMURAも自炊向きのようです。

また、家の中で持ち運んだり、旅先でもスキャンしたい!というような場合には、思いっきりコンパクトなタイプのものもあります。
厚紙や切り取れない資料など、フラットヘッドのスキャナの方が便利!という場合もあるでしょう。
A3がスキャンできるものでは、例えばブラザーのスキャナなら、場所はとりますが価格的に手が出しやすいと思います。
漫画原稿のスキャン用にB4対応のものが欲しいという声も多いようですね(これはなかなか手頃なものは無いようですが…)。

自炊に用途を絞らない場合、スキャナの選択肢は結構多いのではないでしょうか。

結局どれが良いの?


私は今の所は本を丸ごとスキャンといった使い方はしていませんし、色々な大きさの紙を気軽にスキャンしたいので、CaminacsWが自分に合っていると思います。
でも、もし本を裁断してスキャンするぞ、と思い立ったらScanSnapが欲しくなるかもしれません。
実際、枚数の多いものをスキャンする時には、紙送りで重なって「あぁーー(><)」となることもあります。

やはり絶対にコレ!とは決められません…。
そのときの目的にあった道具を選んで、ストレスなく結果が得られると良いですね♪
もっともSimple Life的観点では、道具をむやみに増やすのはだめかなーとは思うので、1台でなんでもこなしてくれるMyスキャナは手放せません!

【あとがき】

今回の記事は、#kirinbonに投稿しようかと書きはじめたのですが、間に合わず(- -;
ネームを先に描いたのがいけなかったかも。。
ノート術・自炊というテーマに、微妙に外れている感もあるので諦めます。
(ネタ帳にあったもので一番該当しそうなものがこれだったのです。。)

間に合いませんでしたが、ネタが1つ消化できたので良しとします☆
A3スキャナ良いですよ!

さて、あれやこれやの記事を書かねば。。。


posted by saya_t at 02:03| Comment(0) | ちびハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

減らして、無くして、残るもの = Simple Life?

ここの所すっかり体調を崩して、ぐったり起床⇒会社で勤務時間カウントダウン状態⇒帰ってぱたん を繰り返していたsaya_tです。
やはり、何をするにも健康でないといけませんね。

そんなこんなで、更新頻度が低いぞ!結局Simle Lifeってなんやねん!とbeckさん(@beck1240)につっこまれまくりなので頑張って書きますよ。(今日はモレスキン本イベントでbeckさんに会うので、また言われちゃいますからね!)
今回は、Simple Lifeについてのお話です。
  • Simple Lifeって何なのさ
  • 現状は?
  • 原因と戦略?

Simple Lifeって何なのさ


ご挨拶記事で少し書きましたが、私にとってのSimple Lifeとはざっくり言うと「穏やかでいられる事」です。これをSimpleと表現していいのか微妙ですが。

"Simple"といえば、「減らす技術」や「シンプルに生きる」に書かれているような、本当に必要なものや人だけを残して、生活をスリム化していくというのが究極的には理想だと思います。
でも、実際にそんな生活ができるか?したいか?と考えると、自分には無理だし、ちょっと違うなぁと。

例えば、不要なものを減らすことは是非したいと思いますが、「本当に必要なもの、使うもの」だけ、っていうほど極端にはできないなと…。
所有していることが嬉しい!という気持ちはやっぱりあるのです。
人間関係だって、ちょっと困ったなーと思っても、あっさり関係を絶てるものでもないですよね。
そんなわけで、本のような生活に少し憧れたりもしますが、自分なりのSimpleに、そのエッセンスだけ取り入れたいと思うのです。

不要なもの・不快な場・負の感情・余計なタスク・生活の中のちょっとしたわずらわしさ…そういうものをできるだけ減らして、いつも穏やかに、心がふんわりするような出来事を少しでも増やせるように生きたいものです。

現状は?


そんなSimple Lifeを理想としているわけですが…
あれもこれも出来ない自分に焦ったり、落ち込んだり。
もの減らそう!と思っているのに、つい本やリラックマを増やしてしまったり。(いや、増えるのは良いんですが…)
今日は帰ったらこれやるぞーと思っていたのに先送りしたり。
せっかくのお休みに、ごろごろだらんとしていたり。

まあ、はっきり言ってだめだめです。そしてそのダメ人間っぷりにさらに落ち込むという、ありがちなパターンに陥るわけです。

仕事ももっと頑張らなきゃ、プライベートもしたいこと沢山、しかもできてないって全くSimpleじゃないですよね。。

原因と戦略?


どうしてうまくいかないのか?と考えてみると、ありきたりですが時間とお金が足りない!(笑
やはり、何をするにも時間かお金(または両方)が必要です。
本を読むにも時間がかかりますし、趣味であれこれするには時間もお金もかかります。
仕事も一朝一夕でうまくいくようにはなりません。
隠居すれば、時間は増えるかもしれませんが、お金がいります。

そうは言っても自分が死ぬまでの時間は変わりませんし、お金が急に増えたりもしないので、「今あるものをどう使うか?」が問題なわけです。
現に「それでは今、時間とお金を有効に使えていますか?」と聞かれると、No...なのですから。
ここはやはり、ライフハックさんにご登場いただいて、少しでも有効に活用したいと思います。
まあ、お金(収入)の方は急にどうこうはならないので、ぼちぼち頑張るしかないのですが…素敵な戦略があったら良いのですけどね。

でも実は個人的には、「時間が足りない」を解決する場合の一番のボトルネックは体力なんですよね。
昔も良く寝る子供でしたが、色々やりたい気持ちが睡魔に負けすぎなのを何とかしたいです。
でも、雇われの身分で「次の日会社」と思うと、睡魔に打ち勝つのも考えもの(>_<)
やはり基本的な体力を向上させたい所です。
帰宅してぐったりしている所をしゃきしゃき行動できれば、利用できる「みかけ時間」を増やすことは可能ですよね。

千里の道も一歩からということで、ぼちぼちと水泳をやっている今日この頃です。。

なんだか全然戦略かいていないじゃん!という感じですが、こんな風に生きたいと思ってライフハックで頑張ろうとしています、ということで。
具体的にこんなことしてます、というのはまた追々。。(先送り)

【あとがき】

何なのさって言えば、ドラえもんの「ぼく、桃太郎のなんなのさ」だなーって思い出しちゃいました。
マイナーすぎるネタでしたごめんなさい。
でもこういう、ふとしたことから思い起こすことって良くありますよね。

ドラえもんは読んでいないのですが、先日、とある読書会の案内を見て懐かしくなり、ドリトル先生を読み返しました。
はじめて読んだ時のわくわく感とか、頑張っていた自分を思い出しました。
やっぱり本って良いですよね〜。

時間はかかっても、本から得られる幸せ感にはかえられない!という方、もっと読むべき本があるのでは?と感じている方、東京ライフハック研究会Vol.2ではそんな想いに共感できる人たちや、素敵な本と出会えるかもしれません。
ぜひ、会場でお会いしましょう:)
2010/9/26(日) 東京ライフハック研究会Vol.2のお申し込みページ
posted by saya_t at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

ひきこもりな人のためのコミュニケーションハック

勢いのあるうちに、小ネタで続けてしまおうと目論むsaya_tです。
今回は、何処かで聞いたようなネタですが、実践すると良いですよ、というお話です。

私は基本的に筆不精でコミュニケーション下手なので、ついつい友人と疎遠になってしまったり、メール返してなかったー(>_<)という事態に陥ったりします。

そんな時に良いのが、「誕生日のお祝いにかこつけて連絡をとってみる」という方法です。
お誕生日なら、久しぶりに連絡をとる心の障壁も低くなりますし、文面もすんなり書きやすいですよね。

これも、毎年ずっとやり続けられない方には、「久々に連絡をとってみるキャンペーン」がオススメです。
私は一昨年、キャンペーン中と称して学生時代の友人等に連絡をとってみました。

お互いの近況を報告したり、懐かしいね!と会う約束をしたり。。
久々に会ってみると、やはり人生の一時期を共に過ごした友人というのはかけがえのないものだなあ、と実感しました。
できれば、もっとこまめに連絡をとりたいですね。

【あとがき】

今日は自分の誕生日で、久々の友人からメールをいただいたりしました。
やっぱり嬉しいものですね:)
家族にも、これまで出会った多くの方にも、感謝の一日です。
posted by saya_t at 23:58| Comment(0) | ちびハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。