2010年09月16日

減らして、無くして、残るもの = Simple Life?

ここの所すっかり体調を崩して、ぐったり起床⇒会社で勤務時間カウントダウン状態⇒帰ってぱたん を繰り返していたsaya_tです。
やはり、何をするにも健康でないといけませんね。

そんなこんなで、更新頻度が低いぞ!結局Simle Lifeってなんやねん!とbeckさん(@beck1240)につっこまれまくりなので頑張って書きますよ。(今日はモレスキン本イベントでbeckさんに会うので、また言われちゃいますからね!)
今回は、Simple Lifeについてのお話です。
  • Simple Lifeって何なのさ
  • 現状は?
  • 原因と戦略?

Simple Lifeって何なのさ


ご挨拶記事で少し書きましたが、私にとってのSimple Lifeとはざっくり言うと「穏やかでいられる事」です。これをSimpleと表現していいのか微妙ですが。

"Simple"といえば、「減らす技術」や「シンプルに生きる」に書かれているような、本当に必要なものや人だけを残して、生活をスリム化していくというのが究極的には理想だと思います。
でも、実際にそんな生活ができるか?したいか?と考えると、自分には無理だし、ちょっと違うなぁと。

例えば、不要なものを減らすことは是非したいと思いますが、「本当に必要なもの、使うもの」だけ、っていうほど極端にはできないなと…。
所有していることが嬉しい!という気持ちはやっぱりあるのです。
人間関係だって、ちょっと困ったなーと思っても、あっさり関係を絶てるものでもないですよね。
そんなわけで、本のような生活に少し憧れたりもしますが、自分なりのSimpleに、そのエッセンスだけ取り入れたいと思うのです。

不要なもの・不快な場・負の感情・余計なタスク・生活の中のちょっとしたわずらわしさ…そういうものをできるだけ減らして、いつも穏やかに、心がふんわりするような出来事を少しでも増やせるように生きたいものです。

現状は?


そんなSimple Lifeを理想としているわけですが…
あれもこれも出来ない自分に焦ったり、落ち込んだり。
もの減らそう!と思っているのに、つい本やリラックマを増やしてしまったり。(いや、増えるのは良いんですが…)
今日は帰ったらこれやるぞーと思っていたのに先送りしたり。
せっかくのお休みに、ごろごろだらんとしていたり。

まあ、はっきり言ってだめだめです。そしてそのダメ人間っぷりにさらに落ち込むという、ありがちなパターンに陥るわけです。

仕事ももっと頑張らなきゃ、プライベートもしたいこと沢山、しかもできてないって全くSimpleじゃないですよね。。

原因と戦略?


どうしてうまくいかないのか?と考えてみると、ありきたりですが時間とお金が足りない!(笑
やはり、何をするにも時間かお金(または両方)が必要です。
本を読むにも時間がかかりますし、趣味であれこれするには時間もお金もかかります。
仕事も一朝一夕でうまくいくようにはなりません。
隠居すれば、時間は増えるかもしれませんが、お金がいります。

そうは言っても自分が死ぬまでの時間は変わりませんし、お金が急に増えたりもしないので、「今あるものをどう使うか?」が問題なわけです。
現に「それでは今、時間とお金を有効に使えていますか?」と聞かれると、No...なのですから。
ここはやはり、ライフハックさんにご登場いただいて、少しでも有効に活用したいと思います。
まあ、お金(収入)の方は急にどうこうはならないので、ぼちぼち頑張るしかないのですが…素敵な戦略があったら良いのですけどね。

でも実は個人的には、「時間が足りない」を解決する場合の一番のボトルネックは体力なんですよね。
昔も良く寝る子供でしたが、色々やりたい気持ちが睡魔に負けすぎなのを何とかしたいです。
でも、雇われの身分で「次の日会社」と思うと、睡魔に打ち勝つのも考えもの(>_<)
やはり基本的な体力を向上させたい所です。
帰宅してぐったりしている所をしゃきしゃき行動できれば、利用できる「みかけ時間」を増やすことは可能ですよね。

千里の道も一歩からということで、ぼちぼちと水泳をやっている今日この頃です。。

なんだか全然戦略かいていないじゃん!という感じですが、こんな風に生きたいと思ってライフハックで頑張ろうとしています、ということで。
具体的にこんなことしてます、というのはまた追々。。(先送り)

【あとがき】

何なのさって言えば、ドラえもんの「ぼく、桃太郎のなんなのさ」だなーって思い出しちゃいました。
マイナーすぎるネタでしたごめんなさい。
でもこういう、ふとしたことから思い起こすことって良くありますよね。

ドラえもんは読んでいないのですが、先日、とある読書会の案内を見て懐かしくなり、ドリトル先生を読み返しました。
はじめて読んだ時のわくわく感とか、頑張っていた自分を思い出しました。
やっぱり本って良いですよね〜。

時間はかかっても、本から得られる幸せ感にはかえられない!という方、もっと読むべき本があるのでは?と感じている方、東京ライフハック研究会Vol.2ではそんな想いに共感できる人たちや、素敵な本と出会えるかもしれません。
ぜひ、会場でお会いしましょう:)
2010/9/26(日) 東京ライフハック研究会Vol.2のお申し込みページ
posted by saya_t at 18:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

ご挨拶 -自分とライフハックとSimple Life

改めましてこんにちは。
前記事のあとがきで、「次はご挨拶的な記事を」と書いたがために、ご挨拶→自己紹介…と考えたらぱったりと筆が止まったsaya_tです。
追い込みハックで自分の首を絞めるとはまさにこのことですね。

とは言え、止めているわけにもいかないぞ、ということで自己紹介です。
少し自分の過去を振り返りながら、「なぜライフハック?」ということを考えてみました。
  • 簡単に自己紹介
  • 私とライフハック
  • 理想のライフハック
  • ブログについて

簡単に自己紹介


本職はしがないSEをやっています。ライフハック系の方には多いですよね。

プライベートでは、ものづくり的なものを趣味にしています。基本的には自分のために身の回りのものを作りたい、という思いでちょこっと手を動かしています。
ライフハックもその延長という所があり、自分が一番使いやすい仕組みを作る、という事そのものを楽しんでいます。

私とライフハック


記録が残っていないので、ライフハック、という言葉を意識するようになったのはいつだかはっきりとは分かりません。
ただ、@ITや過去に読んでいたブログなどから、段々とそういう方面に興味をもったのだと思います。
仕事をするようになってからの忙しさを何とかしたい、ごちゃごちゃのタスクを整理したい、そしてできればプライベートの時間を確保したい、と…。
元々、自分のやりたい事の時間見積もりと、
実際に使える時間の関係、という点を常に課題として抱えていたので、それらを体系的に見る色々な手法に、おぉ!と思ったのです。

理想のライフハック


では、私にとって理想のライフハックとはなんだろうか?と考えてみました。
ブログのタイトルにもつけた通り、simpleに生活する、というのが私の理想です。
ただ、減らす技術のように何でも削っていくというのも違うなーと。(欲張りなのかも。。

やりたいことができる、穏やかに暮らす、というのが実現できれば幸せです。

そういう意味で、脱・ライフハックというか、「意識しない」ですっきり暮らせる仕組みが作れたら、というのが理想です。

ブログについて


ブログのネタとしては、他の皆さんのようにスゴいことは書けないので、自分が普段どんな仕組みで暮らしているのか、どう変化させるのか、という記録を細々と書きたいと考えています。
過去を振り返った時に、あの頃どんな風にしていたっけ?という事が結構あるので、未来の自分に向けて書くイメージです。

他の方には、こんなやり方をしている人もいるのか、こいつはこんなことを考えているのか、ということを感じていただけたら良いのかなーと思っています。

【あとがき】

上で書いた通り、この後は、研究会・セミナーのレポート記事や、私の実践しているライフハックな事などを記録的にご紹介できたら良いな、と思っています。
もう1つ、私の愛してやまない可愛いものたちの事をライフハック的(?)に考えていきたいな、というのも考えています。
拙いブログですが、末永くよろしくお願い致します。
posted by saya_t at 18:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

東京ライフハック研究会Vol.1 雑感

はじめまして。東京ライフハック研究会スタッフのsaya_tと申します。
すっかり遅くなってしまいましたが、7/25に開催された「東京ライフハック研究会Vol.1」に参加しました。
多くの方がレポートを書いていらっしゃいますので、そちらを読むだけでも会の概要はわかるかと思います。
(研究会公式ブログに、レポートへのリンクがあります。→東京ライフハック研究会Vol.1を開催しました)

レポート記事はいまさらという感じなので、極々個人的な、私にとって今回の研究会とは何だったのか、という事を書きたいと思います。

なぜスタッフに?


私はスタッフとして参加させていただきましたが、主催者の@beck1240さんをはじめとして、スタッフにも参加者にも、ライフハックブログ業界(というんでしょうか…笑)では名のしれた方がずらり!という感じです。

一方、私はといえば、ちょっとライフハックが好きなくらいで、ブログも書いていないし、ライフハックの実践度もあやしいという素人です。

そんな私が何故スタッフ?というと、経緯というほどのこともなく、研究会会員の中からスタッフも募集します、というので「やりたいですー」と申し出たらスタッフになっていた、というあっさりしたものです。。

元々beckさん達が「準備会やりますよ〜」というのをみていて、募集はじまったら申し込もう、と楽しみにしていたのですが、まさかスタッフ側で参加することになるなんて、思ってもいませんでした。

研究会当日まで


研究会の準備期間では、基本的にオンラインで準備をしていましたが、他のスタッフの方と面識もなく、貢献出来ることなんて無いかも…と一人あたふたとしていました。

それでも、一度打ち合わせで集まった際には、よろしくー、という感じで受け入れてもらえてとてもほっとしました。
打ち合わせ後に行った懇親会会場の下見では、それぞれにとってのライフハックへの想いなどを話題に盛りあがり、共通の話題があるとはこういうことかと、研究会がますます楽しみになりました。

それから当日まで、少しだけでも出来ることをやろうとちまちま作業していました。

研究会当日


当日は、何もしないのにドキドキして、また一人でワタワタとしていました。
それでも、グループワークで色々とお話しさせていただき、はじめて生で見るLTも面白く、とても勉強になりました。
一方、スタッフとしては出来ることが少なくて、もっと頑張らないとなぁと反省しきりでした。

懇親会では持ち前の人見知りぶりを発揮し、なかなか多くの方とはお話しできなかったのですが、それでも色々な方のお話を聞くことができて、本当に参加できて良かったなーとしみじみしていました。

研究会Vol.1を終えて


研究会の後は、次の日まで余韻が残るくらい、なんだか力が抜けてぼーっとしてしまいました。

今回の研究会を通して一番感じたのは、ライフハッカーというのは、人生を楽しむのに貪欲な人たちなんだ、ということでした。
研究会でも懇親会でも、本当に色々な話題が出ていました。
いかにもライフハックな濃い話から、健康の話、文房具の話、果ては瞑想法についてまで…。
それだけ沢山の話題がでているにも関わらず、周りにいる人たちが、どの話についても本当に楽しそうに、興味をもって聞いているってすごいことなのでは?
どんな話をしても、否定せずに受け入れてもらえる場というのは、なかなか無いと思うのです。

こういう場に参加できたことは、これからの自分にとって大きな意味を持ってくるだろうなぁ、と感じています。
参加者としても、スタッフとしても、恩返しできるようにがんばらなくては、と思います。

【あとがき】

今回、名言コツコツのkobutako2ko2さんやbeckさんに、ブログやんないのー?と言われまして、拙いながらもはじめることにしました。
とりあえず始めることに集中したので、方向性もタイトルも、これから変わっていく可能性が大いにあります。
なまあたたかく見守っていただければ幸いです。
ご挨拶的な記事は、また次回以降あらためて書きたいと思いますので、よろしくお願いします。
posted by saya_t at 23:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。