2010年12月31日

今年の大掃除はゼロベース。

月刊ペースの維持にあっぷあっぷなsaya_tです。
もう少しで落とす所ですね。。

年末年始のお休みは大整理、ということで、大々的に部屋の片付け中です。
もちろん年内に終わるつもりはありません。。
毎年12月から1月にかけてはものを減らす月間を実施していますが、今年は少しやり方を変えてみたので、そのお話を少しだけしたいと思います。
  • ゼロベースで片付ける
  • 心理的(?)効果
  • 空き部屋が無いけど…

ゼロベースで片付ける


今年の大整理は、まず徹底的にものを部屋から追い出すことから始めました。
↓こんな感じで、棚は空っぽにしましたし、クローゼットの中身も全て空にしました。

room.jpg

片付けの最初はひたすら部屋からものを運び出します。
私の場合は、使っていない客間を使いました。
この時に、運び出し先に分類して置くとか、この段階で片付けるとか、あまり考えないようにします。
せいぜい、洋服はこの辺、本はこの辺、くらいでOKです。
GTDの収集フェーズと同じで、ひたすら1箇所に集めることに集中します。

そして部屋が空っぽになった所で、どこに何を入れるか、どのくらい入るか、入れようとしているものは本当に必要か、といった事を考えます。
そして、必要なもの(優先順位の高いもの)から順に戻していくのです。


心理的(?)効果


部屋を一度空っぽにすることの一番の効果は、
「ものが無いすっきりな状態の気持ち良さ」を味わえることです。
この状態を味わうと、それを維持したくなります。

ものがあっても、棚などにきちんと整頓されていると、その状態を壊してものを捨てたり、入れ替えたりするのはハードルが高く感じてしまいます。
「ちゃんと片付いてるしまぁいっか〜」と、必要なものも要らないものも全部そのままにしてしまうのです。(私だけかもしれませんが…)

それが、一度ゼロベースに戻してしまえば、この心地良い空間に不要なものは持ち込みたくない!と思うので、要不要をよく考えて戻すようになります。
一度空っぽにするだけで、捨てられるものがぐんと増えるので不思議なものです。

さらに、整頓の仕方も全部やり直しなので、「ここ使いにくいけど、変えるのも面倒だしまぁいっか〜」と放置していた所もすっきりです。
手間も掛かりますが、また一年もやもやとしながら過ごすよりはずっと気持ち良いですよ♪

空き部屋が無いけど…


ワンルームで空き部屋が無い。。という方の場合は、規模を小さくして考えると良いと思います。

例えば、部屋の中で、まず机の周りだけ全部ものをのけて、そこで必要なものだけ戻し、次に棚を半分全部空にして…といった感じです。

部屋を空っぽにするほどの爽快感は無いと思いますが、ただ漠然と片付けるよりは効果的だと思います。

【あとがき】

これをアップしたら、カウントダウンしながら片付けの続きをしてきます(^^;
今回の方法のもう1つの効果としては、年内に全て片付け終わらなくても居室は綺麗な状態なので、もやもやしない状態で新年が迎えられる…という。
ずぼらーさんにもおすすめです!

来年は、月刊から隔週とかにしようかなー等と思ったりしていますが、そのための具体的な方策などは考えていないので、まずはそれを考える所からですね。。
それでは皆様良い年越しを!来年もよろしくお願い致しますm(_ _)m


posted by saya_t at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ちびハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。